いなむぅのなく頃に(現在リニューアル工事中)
いなむーのなく頃にのまとめサイトです
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


各種ジャンプステータス

●小サマー (9RK、立ち状態からは9は長押し、しゃがみからはすぐ離す) 

●大サマー (しゃがみから9RK、9は長押し)

●垂直カタパルト (8LK)

●逃げカタパルト (7LK) 

●サプライズスコール (9LK)

●ピンヒールステッチ (9両K)

●ニールキック (66RK)



●小サマー
発生18でジャンプステータス。
ガードされた場合、技後2入れでしゃがみ帰着を選択することでしゃがみ状態-12となるので、
ほとんどのキャラに対してローリスク。
一八と平八、ポールが多少痛いくらい。
ただ、しゃがみ状態に移行するのは遅いのでスカると上段でも安定でもらってしまう。

理想はヒット時は立ち状態、ガード時はしゃがみ状態とすることだが、
慣れるまでは常にしゃがみ移行してしまっても問題はない。
立ち状態からとしゃがみ状態からでコマンドが違うことには要注意。



●大サマー
発生15。
判定は異常に強く、ダメージも高い、逃げ入力ならリスクも少ない。
しゃがみ2択に対する暴れ潰しとして活躍するが 、むしろ主な用途は確定反撃となる。



●垂直カタパルト
発生13。壁強誘発。
壁攻めとしての使い方は別記事で考察。

ガードで-10だが10フレのリーチが長いキャラで無いと反撃は厳しい。

ジャンステを持つ技としては異例の発生の早さを持つ。
出掛かりに上段潜り性能があって、現在のところ5フレ前後は確認。
つまり-3フレ状況で8フレジャブを潜ることになる。
(10フレはカウンターを食らう)

有効に機能する場面としては、
対8フレに対してアパストスライスガード後やワンツーガード後があげられる。
ブライアンのチョッピングに対しては、
生ロー、8フレジャブ、チョッピング、フラヒに勝て、
膝と相打ちというのも覚えておいて損は無い。



●逃げカタパルト
性能面はヒット時ダウンを奪えないと垂直に一歩劣るが、
リスクの少なさではこちらは大幅に勝っている。

ガードで-10ではあるが、反撃はほぼ不可能。
ちょっとだけ伸ばした吹雪とか?

スカ確もほとんどのキャラで不可能だが
三島、キング、アマキン、ジュリ、ブラ、カポエラ、崩拳一族、レイ、ステブなど、
発生がはやくリーチが長い技を持つキャラは注意。

注意といっても猿のように出さなければ、ジュリアとカポエラ以外は問題ないと言える。
ジュリアとカポエラは読まれていなくとも、箭疾歩、ルピが簡単に入ってしまう。



●ピンヒールステッチ
発生20。ジャンステの発生はアンナの固有技の中でもっとも早い。

出掛かりに潜り性能があり(中段すら潜ることもある)
現在のところ、7フレ前後を確認。
つまり-3フレ状況で10フレジャブを潜る。
三島のジャブガード後は-3フレで、
この後の絶無は立ち技では一切割れないため、これをちらつかせてもよい。

ピンヒールステッチヒット後の行動は3択。

○エンプレスヒール、スクリュー
確定の中ではエンプレスがもっともダメージが高い。
遠距離では届かないため、スクリューとなる。

○R&B
その場起きと前転、後転を拾いなおせる。

○ピンヒール
その場起き上がり以外に確定となる。
これが後転、しゃがみ起き上がりにヒットした場合はループ。
寝っぱに当たった場合は、確定は無いため、
上記の攻めに加えしゃがみ2択も絡めていきたい。



●ニールキック
発生34、ヒットで空コン、ガード-1

立会いで使うには発生が遅すぎるため危険だが 、
起き攻めでは、下段蹴りをすかし、寝っぱに当たり、
ガードでほぼ5分で密着という性能でかなり有効。

ガードモーションが独特なので、強気に攻めていくのもあり。
横移動からブラッディーカオスとスクリューの2択をかけていくのもあり。
スポンサーサイト




プロフィール

よーぐると

Author:よーぐると
監修 いなむー


カテゴリー


最近のコメント


FC2カウンター


最新の記事


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


リンク

このブログをリンクに追加する


ブログ内検索


RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。